医療脱毛のしくみ

Posted In: 未分類 |

皮膚科や美容クリニックで行われる医療脱毛には、針(ニードル)脱毛、光(フラッシュ)脱毛、医療レーザー脱毛などがあります。現在、医療脱毛の主流は「レーザー脱毛」です。もともと医療レーザーはシミやほくろ、そばかす治療に用いられていましたが、研究開発が進み、脱毛の分野でも利用されるようになりました。

 

医療レーザー脱毛は、ムダ毛の毛周期で黒いメラニン色素のある成長期に合わせて皮下の色素に反応する特殊な光を照射、毛根の毛母細胞を熱で破壊して、再び生えてくるのを抑制するという脱毛方法です。毛根の部分のみに作用する為、他の皮膚組織への影響がなく、お肌を傷めることなく脱毛できます。医療脱毛の大きな特徴は、脱毛機器の出力パワーが大きい為、脱毛効果が抜群に高いということ。またエステサロンと違って医療機関ですので、肌トラブルが発生した際にも専門の有資格者が対応できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、照射パワーが強い医療脱毛は強い痛みを伴うと敬遠されがちですが、以前に比べかなり軽減され、輪ゴムをはじいた程度の痛みと言われています。クリーム麻酔など利用しているクリニックもありますので、安心して施術を受けることができます。



医療脱毛のしくみ はコメントを受け付けていません。